アカツメクサ花エキスについて

アカツメクサ花エキスについて

レッドクローバーには、女性ホルモンを活性化するイソフラボンが豊富に含まれるんですよね。残念ながら、今のところ、キャピキシルのサプリメントは、日本はもちろんのこと、海外でも販売されていません。それこそ、キャピキシルは、LUCASMEYERCOSMETICS社という、化粧品会社が開発した育毛成分だから、健康食べ物としましての利用は、まだここからここからなのかなと思う。

それがなぜ育毛効果があるかというと、レッドクローバーの既に一つの働きのおかげです。ただのみ育毛剤として塗布するだけでなく、サプリを摂取して体の中から育毛アフターできたら、さらに効果がありそうだか。

なので、キャピキシルと似たような成分を調べてみました。最初に、キャピキシルとは、アカツメクサ花エキスと、アセチルテトラペプチド-3という成分で構成されます。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが、5留リダクターゼと結合するだけで、頭髪にいろんな影響を及ぼす「5留-DHT」に変換させられることが原因なんですけど、このレッドクローバーは、5留リダクターゼに対して、どぎつい抑制力を所持してるため、5留-DHTの生成をとどめるってことが出来るのです。アカツメクサ花エキスは、別名レッドクローバーとも呼ばれ、欧州などでは、伝承薬として受け継がれているそうです。

ミノキシジルの3倍の育毛効果のあるキャピキシル。LUCASMEYERCOSMETICS社が、どんな配合をして、キャピキシルを作り出したりするのかは分かりませんので、こいつを飲んだらキャピキシルと同じような作用があるとは言えません。


ホーム RSS購読 サイトマップ